借金から解放されたいなら債務整理を検討しよう

借金問題はご家族にも友人にも相談しづらい問題です。誰にも相談できずに、自分だけで借金問題の重荷を抱え込んでいる方は多いのではないでしょうか。そこで、あなたの借金のお悩みを、借金問題のプロである弁護士に相談するのがおすすめです。あなたの借金問題の解決へ向けて、弁護士と債務整理について検討していきましょう。

債務整理が借金問題の解決に繋がる3つの理由

1つ目の理由として、弁護士があなたの借金の窓口になってくれるため、借入先からの催促の連絡がストップすることが挙げられます。毎日のように来る借入先からの催促に日々不安な気持ちかと思いますが、債務整理をすることで、返済の催促の不安から解放されて、楽な気持ちで借金と向き合うことができます。

2つ目の理由は、借金が減額される可能性がある点が挙げられます。任意整理では借入先からの多すぎる金利や遅延金をカット、個人再生では借金自体を5分の1程度に減額、また、自己破産では借金を0にしてもらうことができる可能性があります。
3つの債務整理からどの方法を選ぶかはあなたの収入や借金の額により、任意整理は大体100万円以下の借金に、個人再生は5000万円以下の借金に、自己破産は収入に対して借金の額が大きすぎて手に負えない額の借金におすすめです。

3つ目の理由として、あなたに合わせた方法で借金問題解決に取り組むことができる点が挙げられます。任意整理の場合は目安として3~5年程度の間でしたら、あなたの収入に合わせた返済計画を組むことができる可能性が高いです。また、収入ではまかなえない借金があるけれど、持ち家や車を手放したくない方には、借金を大幅に減額し残りをあなたが返済する個人再生がおすすめです。収入や持っている財産に対して借金が大きすぎて自分の力ではどうしようもない場合は自己破産を。このように、それぞれの手続きを利用できる条件に当てはまっていれば、自身にあった方法で返済に取り組むことができます。

ただし、それぞれの債務整理には条件があるため、注意が必要です。例えば、任意整理や個人再生は安定した収入がないと手続きをできません。逆に、自己破産は借金を返せる能力があったら手続きをできません。また、任意整理は5年程度、個人再生や自己破産は5~10年程度、あなたの信用情報に債務整理をした旨が記録されてしまうので、注意が必要です。しかし、時間が経ったら信用情報から消してもらえるので、 ご安心ください。

債務整理は年齢や職業に関係なく手続きをすることができます。例えば、学生ローンを返済できなくなってしまった学生さんや奨学金の返済が難しい新卒の方、家事労働に勤しむ専業主婦の方でも利用できます。借金問題から解放された方は、お近くの弁護士事務所へ相談へ行ってみましょう。

埼玉 債務整理