債務整理はどこに依頼すればよいの?

借金や債務整理の相談だけだったら、弁護士事務所や司法書士事務所をはじめ、法テラス、消費生活センター、役所の法律相談窓口、日本クレジットカウンセリング協会など、様々な場所で受け付けています、しかし、実際に債務整理を依頼できるのは、弁護士事務所か司法書士事務所しかありません。

弁護士と司法書士、どちらに依頼する方が良いの?

弁護士と司法書士に債務整理を依頼した場合、それぞれどんな違いがあるのか?どちらに依頼する方が良いのか?任意整理、個人再生、自己破産の場合で比べてみましょう。

まず、任意整理の手続きを行えるのは、弁護士と、司法書士の中でも法務大臣の認定を受けた認定司法書士のみです。弁護士はどんなどんな任意整理の依頼も受けることができますが、認定司法書士が扱える金額は1社につき140万円以下までです。そして、もしも借金問題が訴訟まで発展したとき、認定司法書士は民事訴訟の第二審までしか代理を務めることができません。なので、もしも第二審まで長引いてしまったら、自分だけで臨むか、弁護士に依頼することとなります。とは言ったものの、過払い金や遅延金に関する訴訟は基本的には第一審で終わることが多いです。

次に、個人再生、自己破産の手続きについては、案件を請け負えるのは弁護士のみです。司法書士は、たとえ認定司法書士でも、個人再生や破産手続きといった裁判所を通す手続きを行うことができません。さらに、認定司法書士は1社につき140万円以下の借金しか扱うことができないため、多額の金額を扱うことが多い個人再生と自己破産では、なおのこと縁が遠いと言えるでしょう。

1社につき140万円を超える任意整理、個人再生、自己破産では弁護士に依頼するしかありませんが、140万円以下の任意整理をする場合、依頼費用は司法書士が多少安い傾向がありますが、あまり差はありません。

以上を踏まえて、140万円以下の借金を任意整理する場合は、毎月しっかりと着実に借金を返済する予定の方は司法書士への依頼でも問題ありません。140万円を超える任意整理、個人再生、自己破産はもちろんのこと、借入先と揉める気配がある場合は、少し値が張っても、はじめから弁護士に依頼しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です