借金の踏み倒し方は?犯罪になって警察に捕まる?

このページを見ているあなたは、「借金の返済が苦しくてとても無理だ」「警察に捕まるかもしれないけど踏み倒すしかない」と、切実に悩んでいるのではないでしょうか。

実は、借金は合法的に踏み倒すことができ、犯罪になって警察に捕まることもありません。

しかし、銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった会社からの借金を踏み倒すのはかなり難しく、現実的ではありません。

この記事では、借金の踏み倒し方と踏み倒しが難しい理由を説明し、踏み倒しよりも確実に借金問題を解決できる「債務整理」という方法を簡単に紹介します。

合法的な借金の踏み倒し方

借金は、「時効の援用」という方法で消滅させ、合法的に踏み倒すことができます。

時効の援用をするには、最後に返済した日から5年(個人や信用金庫からの借金など一部の借金は10年)が経過した状態で、内容証明郵便などを使って「消滅時効制度を利用します」と宣言する必要があります。

この方法で借金を踏み倒しても犯罪にはならないので、警察に捕まることはありません。

ただし、実際に借金を踏み倒そうとすると強力な障害が立ちふさがります。

借金の踏み倒しが難しい理由

借金の踏み倒しが難しいのは、お金を借りた会社が時効をリセットする方法があるからです。

具体的には、以下のような行動をとると、時効までの年数のカウントがゼロに戻ってしまいます。

裁判や差し押さえ

お金を借りた会社から借金の返済を求める裁判を起こされると、時効がリセットされます。

それだけでなく、判決が確定して支払命令が出ると、5年だった時効が10年に延びてしまいます。

裁判を避けるために夜逃げをすればいいのではないかと考える人も多いですが、夜逃げで行方がわからない人に対しては「公示送達」という手続きで裁判を起こすことができるので、夜逃げで裁判を回避することはできません

承認

「承認」とは、お金を借りている人が「自分は借金をしていて返済の義務がある」ということを認める行為をさし、具体的には以下のような行為が当てはまります。

・借金を返済すること

・借金返済の念書を書くこと

・返済期日の延長を依頼すること

例えば、「1000円でいいから返済してほしい」と言われて実際に返済してしまうと、法律的に「承認」したとみなされて、時効がリセットされてしまうのです。

借金の踏み倒しよりも確実な「債務整理」

債務整理とは、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼して、合法的に借金を減額したり、借金自体をなくしたりできる手続きです。

借金の踏み倒しと違って確実に借金問題を解決できるうえ、債務整理は短くて23カ月、長くても1年あまりで手続きが終わるため、より早く借金の悩みから解放されます。

債務整理にはある程度の費用がかかりますが、手続中は借金の返済がストップするので、その期間を利用して無理のない分割払いにすることが可能です。

まとめ

お金を貸す会社は借金の滞納が続くとほぼ必ず裁判を起こしてくるので、借金の消滅時効を成立させるのは現実的にはかなり難しいといえます。

また、借金の踏み倒しという方法では、5年または10年という長い期間中、ずっと借金から解放されることがありません。

借金を返せない人は、踏み倒しを考えるよりも債務整理を行ったほうが、確実に、より早く借金問題を解決できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です