借金返済のコツ4選!節約・副業・債務整理…最適な方法は?

借金額が大きくなってくると、返済がどんどん難しくなりますよね。

コツをつかまずになんとなく返済を続けていても、いっこうに借金が減らないという状況になってしまいます。

借金返済のコツは、ズバリ「繰り上げ返済」をすることです。

ここでは、借金額が100万~150万円くらいの人に向けて、繰り上げ返済で効率よく借金を減らしていくためのコツを4つ紹介していきます。

借金返済のコツは「繰り上げ返済」これに尽きる!

自力で借金を返済したいと思ったら、絶対に「繰り上げ返済」をするべきです。

繰り上げ返済とは、お金を借りた会社が決めた最低返済額よりも多くのお金を返済することをいいます。

例えば、アイフルで20万円借りると、毎月の返済額は最低8000円です。

大抵の人は8000円支払って済ませてしまいますが、それでは支払った金額の大部分が利息にあてられてしまい、元本がほとんど減らずに終わってしまいます。

つまり、繰り上げ返済をしないと、延々利息を払い続けるだけで、借金がほとんど減らないという状況に陥ってしまうのです。

繰り上げ返済で借金を効率よく返済するための4つのコツ

繰り上げ返済をするためには、収入を増やすか支出を減らすことでお金の余裕をつくる必要があります。

てっとり早いところだと、副業をするか節約をしてお金の余裕をつくれば、繰り上げ返済が可能になるというわけです。

それでは、繰り上げ返済のコツを4つ見てみましょう。

・クラウドワークスやランサーズなどで副業をする

・家計簿をつける

・コンビニでしていた買い物をスーパーでする

・スマホ代やインターネット代などのプランを見直す

まず、収入を増やすには副業をするのが一番簡単ですが、「クラウドワークス」(https://crowdworks.jp/)や「ランサーズ」(https://www.lancers.jp/)では自宅で手軽にできる副業がたくさん紹介されているので、できそうなものから始めてみるといいですよ。

支出を減らすという面では、まず家計簿をつけることをオススメします。

自分が何にお金を使っているかを「見える化」することで、無駄遣いを減らすことができるからです。

さらに、買い物をする場所を選ぶようにしましょう。

同じお菓子や飲み物でも、スーパーで買えばコンビニよりも安く済むことがほとんどです。

スマホ代やインターネット代など毎月支払うお金は、プランを見直すことで減らせる可能性があります。

コツをつかんでも借金が返済しきれない人は「債務整理」も

借金額が100万~150万円くらいなら、これまで説明してきたコツを実行すれば自力で借金を返済できる人も多いでしょう。

しかし、収入が足りなかったり、これ以上支出が減らせなかったりと、自力では借金返済が難しい人もいると思います。

その場合は、借金減額の正式な手続きである「債務整理」も検討してみてください。

債務整理は、弁護士や司法書士に依頼すれば専門的な知識がなくても簡単にできます。

債務整理にはいくつか種類がありますが、150万円くらいまでの借金なら「任意整理」という、一番かんたんな手続きになることが多いです。

任意整理なら、借金の利息を0してもらったうえで返済期間を60回払い程度に設定してもらえるので、毎月の返済額が今の半分以下になるというケースも珍しくありません。

ただし、デメリットとして約5年間、クレジットカードの利用や作成、ローンやキャッシングでの借金、スマホなどの分割払い、借金の保証人になること、といった取引ができなくなります。

まとめ

借金額が100万円を超えてくると、なんとなく返済しているだけではなかなか借金が減らないという事態に陥りやすいですが、それは会社が決めた最低返済額しか返済していないからです。

それより多くの金額を返済する「繰り上げ返済」を心がければ、借金は確実に減らすことができます。

繰り上げ返済をするには、副業をする、家計簿をつける、買い物をするお店を選ぶ、毎月の支払いのプランを見直すという4つのコツを押さえてお金の余裕をつくる必要があります。

なお、それでも借金返済が厳しいという人は「債務整理」という方法もありますので、検討してみてください。

 

名古屋市で債務整理に強い弁護士はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です