自己破産するとどうなるの?

自己破産をするには、収入に対して借金が多過ぎて返済が難しい、借金をした理由がギャンブルなどによる散財でない、財産を隠し持っていない、収入を偽っていないなどの条件を満たしている必要があります。これらの条件を満たした上で、裁判所に認定してもらえれば、自己破産の手続きをすることができます。

自己破産の特徴とメリット・デメリット

自己破産の唯一にして最大のメリットは、借金の返済を免除してもらえる点です。あなたには借金の返済は不可能であると裁判所から認められると、借金の返済が免除され、実質借金が0になります。借金の額には上限も下限もありません。借金返済の免除に伴って、借入先からの借金返済の催促も無くなるので、返済の催促の不安から解放されることも良い点です。
また、自己破産では財産を回収されてしまいますが、20万円以下の貯金をはじめ、生活に必要な家電、場合によっては車など、無くなったら生活が成り立たなくなってしまうようなものは残しておける可能があります。

続いて、自己破産のデメリットです。自己破産をすると、持っている財産を処分しなくてはなりません。例えば、持ち家や支払い途中の住宅ローン、評価額が20万以上の車や支払い途中の自動車ローン、高級な家財道具や家電などは処分対象です。また、99万円以下の現金も処分対象なので、注意しましょう。

次に、あなたが自己破産をした旨が信用情報機関に記録されてしまう点です。自己破産では目安として5~10年程度ブラックリストに登録され、しばらくローンやクレジットカードの利用が難しくなります。また、官報という国が発行している文書にも載ってしまいますが、こちらを見ている人はなかなかいないでしょう。

さらに、自己破産のデメリットとして、自己破産の手続きをしてしまうと就けない職業がある点も挙げられます。例えば、弁護士や司法書士といった人の財産を扱う職業や、保険の販売員や警備員もできません。これらの職業に就くには、ブラックリストか解除される5~10年程度待つしかありません。元々弁護士や保険の販売員、警備員の仕事をしている人が自己破産をしたら、ブラックリスト入りが分かり次第解雇される可能性があるので注意しましょう。

自己破産は、財産の差し押さえと信用情報を引き換えに借金を0にできるという、安易に手を出せない債務整理方法です。多額の借金に対して収入が少ないという人は自己破産をするメリットがありますが、そうでない人に関しては、自己破産にすべきか、他の手段で返済すべきか、慎重な検討が必要です。そこで、借金問題に一人で悩まず、まずはお近くの弁護士事務所へ相談へ行ってみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です