任意整理するとどうなるの?

任意整理とは、弁護士があなたの代理人となり、借入先と交渉することで支払いの負担を軽減する代表的な債務整理方法です。弁護士が借入先と交渉をして、認められると、多過ぎる利息と遅延金をカットして、長期の分割返済が可能になります。

任意整理の特徴とメリット・デメリット

任意整理では、まず、借金の減額をできる点がメリットとして挙げられます。元々の借金の金利を、利息制限法の上限15~20%まで引き下げて計算し直して、多過ぎる金利をカット、さらに、借金返済の遅延金もカットして、借金を減額してもらえます。また、すでに高い金利のまま何回か返済してしまった場合は、過払い金として回収できる可能性があります。

次に、自分に合ったペースで返済できるという点がメリットとして挙げられます。任意整理をすると、あなたの収入に合わせて、減額された借金を無理のないスケジュールで分割払いで返済していきます。返済の期限として、大体3~5年程度までなら認めてもらえることが多いです。

さらに、債務者にありがたいメリットとして、任意整理をすると、あなたに対する借金の催促の連絡や請求が中止されるという点があります。任意整理するとすぐに借入先へ受任通知が送付され、受任通知受け取り後は、貸金業法の定めによりあなたへの直接催促取り立てができなくなるのです。

また、複数の借入先があった場合、任意整理する借金を選ぶことができる点も大きなメリットです。必ずしもすべての借金を任意整理する必要はなく、例えば、住宅ローンや自動車ローン、奨学金など保証人がいる借入先を一部除外することができます。

ただし、任意整理にはデメリットもあります。まず、自己破産や個人再生と比べて、借金の減額幅が小さいことです。あなたの借金の金額や借入時の利息、借入期間によっては思っていたよりも減額しないことがあります。返済額が大きすぎる場合は、自己破産や個人再生も考えたほうが良いでしょう。
また、信用情報機関にあなたが債務整理の手続きをしたことが記録され、今後5年程度もの間、ブラックリストに登録されてしまいます。そうなると、しばらくローンやクレジットカードの利用は難しくなります。

任意整理はあくまで交渉なので、借入先が非協力的な場合もありますが、応じてもらえるケースが多いです。任意整理にはデメリットもありますが、借金をしっかりと返済するという目的においては多くのメリットがあります。検討中の方は、お近くの弁護士事務所へ相談へ行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です