リボ払いの借金を返済するコツとは?正しい返済方法で解決!

クレジットカードのリボ払いはお金がないときなどに便利ですが、毎月支払いをしているのにいつまでたっても返済が終わらないという状況になっていませんか?

そんなリボ払いの恐怖から脱出するには、コツを踏まえた正しい返済方法を知ることが重要です。

この記事では、リボ払いの借金を返済するためのたった一つのコツである「繰り上げ返済」について説明したうえで、それでも返済が苦しい人のために「任意整理」という方法についてもお伝えしていきます。

リボ払いの借金を返済するたった1つのコツ「繰り上げ返済」

実は、リボ払いの借金を返済するコツはたった1つ、「繰り上げ返済をする」ということしかありません。

繰り上げ返済とは、毎月の最低返済額より多くのお金を返済することをいいます。

例えば、毎月のリボ払いが5000円に設定されていたら、7000円、1万円などそれより大きい金額を支払えばOKです。

なぜ繰り上げ返済が重要なのかというと、クレジットカードのリボ払いでは借金の利息と同じように金利の高い手数料が取られるからです。

そのせいで、毎月支払った金額のほとんどが手数料の支払いにあてられていて、元本はほとんど減っていないというパターンに陥ることが多いのです。

気付かずに毎月延々と利息を支払い続ける状態になっているというのが、リボ払いの恐怖の正体だといえるでしょう。

しかし、繰り上げ返済としてより多くのお金を支払えば、余分に支払ったお金はすべて元本の返済にあてられるので、確実にリボ払いの元本を減らしていくことができます。

仮に毎月5000円が最低返済額で、5000円支払うだけでは元本は2500円しか減らないという場合でも、7000円支払えば元本は4500円減りますし、1万円支払えば元本は7500円減らせます。

繰り上げ返済をするにはお金の余裕をつくる必要があるので、収入を増やすか支出を減らすための工夫がカギとなってきます。

例えば、クラウドワークスなどで副業をしたり、スマホ代のプランを見直したり、コンビニでしていた買い物をスーパーでしたりと、少しずつでも副業や節約をしていくといいですよ。

リボ払いの借金が返済できない人は「任意整理」を検討しよう

繰り上げ返済をするのが難しい人や、繰り上げ返済では解決できないくらい借金額がふくらんでしまった人は、「任意整理」をするという方法もあります。

任意整理とは借金を減らせる正式な手続きである「債務整理」の一つです。

任意整理をすると、利息や遅延損害金を0円にしてもらったうえで、返済期間を60回払いくらいの長期に設定してもらうことができ、毎月の返済額を半分以下にまで抑えられるというメリットがあります。

また、任意整理のデメリットは約5年間、以下のような取引ができなくなるということだけです。

・クレジットカードの利用や新規作成

・ローンやキャッシングなどでの借金

・スマホなどの分割払い

・借金の保証人になること

任意整理は債務整理の中でも費用が安く、めやすとして1社につき2万~5万円くらいでできるので、「リボ払いの返済がきつすぎて生活が苦しい」という人はぜひ検討してみてください。

まとめ

クレジットカードのリボ払いを返済するときのコツはたった1つ、繰り上げ返済をするということだけです。

毎月の最低返済額を支払うだけでは元本がほとんど減らないという場合でも、繰り上げ返済をすれば確実に元本を減らせます。

繰り上げ返済をするにはお金の余裕をつくる必要があるので、副業や節約にチャレンジしてみてください。

また、任意整理という方法をとれば、利息や遅延損害金が0円になり、毎月の返済額を半分以下に抑えることができます。

繰り上げ返済は厳しいという人は、任意整理を検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です