債務整理すると携帯(スマホ)は使えなくなる?

携帯電話やスマホで手軽に連絡を取ったり調べ物をできるのは、あなたと携帯会社が契約しているからです。しかし、債務整理をしてしまうと、金銭が関わる契約に支障が出る可能性があります。今回は、携帯会社との契約をこれからも続けることができるのか、新しく契約できるのかということについてお話しします。

債務整理をすると、携帯会社との契約やスマホの買い替えはできる?

まず、携帯会社との契約についてです。携帯料金を滞納している状態で任意整理をする場合、あなたの意思でどの借金を債務整理するか選ぶことができます。今回の場合ですと、債務整理をする借金の中から携帯料金を外してしまえば、これまでと同じように利用することができます。また、携帯料金の未払いがなければ、あなたが任意整理をしていることが携帯会社にバレることはないので、そのまま携帯をお使いいただけます。他社に乗り換える際も、任意整理のことは特に気にしなくても問題ありません。

個人再生や自己破産の場合ですと、あなたが負っている借金が全て債務整理されます。なので、携帯料金を滞納していたら他の借金と一緒に債務整理されてしまい、解約されてしまう可能性もあるのです。個人再生や自己破産では、あなたの借金の借入先へ、どこか1社へ集中して返済されるのではなく、平等に進められていきます。そうなると、全社に対して少しずつ返していくことになるので、各社へその旨が伝えられます。もちろん、料金滞納している携帯会社にも伝えられるので、解約されてしまう可能性があります。

次に、スマホ本体を買い替えについてです。債務整理をすると、任意整理なら5年程度、個人再生と自己破産については5~10年程度ブラックリストに載ってしまします。ブラックリストに載っている間は、クレジットカード払いや分割払いができなくなるため、スマホを購入する場合も分割払いはできないと考えてください。ブラックリストに載っている間は、スマホは一括払いで購入しましょう。例えば、携帯会社とは契約はできたけれど、スマホの購入で分割が使えないということもあり得るので、気を付けてください。

携帯料金を滞納したり踏み倒してしまうと、「携帯ブラック」という携帯会社のブラックリストに載り、情報を共有されてしまいます。携帯ブラックに載ると、新たな携帯会社との契約時に不利になる可能性があります。債務整理でブラックリストに載り、携帯料金滞納・踏み倒しでさらに携帯ブラックにも載ってしまうと、携帯会社との契約がより一層難しくなるため、なるべく携帯料金は優先的に払いましょう。
また、スマホ本体は値段が10万円以上するものも多く、一括払いで買うのは大きな出費です。もしも債務整理後にスマホを買う予定がある方は、一括払いでスマホを買うためのお金の準備をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です