個人再生のアンダーローンとは?住宅ローン特則の注意点を解説

個人再生では、「住宅ローン特則」を利用することでローン完済前の家を残したまま借金を減額してもらうことが可能です。

しかし、住宅ローンの残高よりも家の価値のほうが高い「アンダーローン」の場合だと、差額が財産扱いになるので返済額が高くなるところに注意が必要です。

個人再生で住宅ローン特則を利用するときの「アンダーローン」とは?

個人再生で住宅ローン特則を使うと、完済前の住宅ローンを個人再生の対象から外すことで、住宅を残したまま借金を整理できます。

このとき、一般的には住宅の価値よりも住宅ローンの残高の方が高い「オーバーローン」の状態になっています。

しかし、住宅ローンが完済直前の場合などは、家の価値よりも住宅ローンの残高の方が低い「アンダーローン」になることがあります。

例えば、家の価値が1200万円のときに住宅ローンの残高が1000万円だと、住宅ローンの残高のほうが家の価値より200万円安いので、アンダーローンという扱いになります。

個人再生でアンダーローンだと何がいけないの?

個人再生で住宅ローン特則を使う場合にアンダーローンだと、差額のぶんが財産とみなされます

個人再生では借金の元本を5分の1程度に減額してもらえますが、財産がある人の場合は財産の価値よりも借金を減らしてもらえることはありません

つまり、上述の例だとアンダーローンの差額分である200万円は財産という扱いになるため、返済額が200万円を下回ることはないのです。

仮に借金額が500万円だったとすると、本来であれば返済額は100万円で済みます。

しかし、アンダーローンで200万円の財産があるとみなされる場合は、返済額は200万円になってしまうので注意してください。

まとめ

個人再生で住宅ローン特則を利用する場合、家の価値よりも住宅ローンの残高が低い状態のことを「アンダーローン」といいます。

アンダーローンだと、住宅ローンの残高と家の価値の差額は財産という扱いになります。

個人再生では、返済額を持っている財産の価値よりも低くしてもらえることはありません。

つまり、アンダーローンの場合はローンの残高と家の価値の差額を最低でも返済しなければならないということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です